名古屋大学 大学院 環境学研究科
Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University

篠田研究室 Shinoda Laboratory

ホーム
Home
研究内容
Research
メンバー
Members
活動記録
Activities
研究成果
Publications
講義
Lectures
連絡先
Contact
リンク
Links
> 2018年度 FY2018 | 2017年度 FY2017

2018年度 FY2018 (Apr 2018 - Mar 2019)


2018年12月6日:第18回アジア学術会議(SCA)にて発表を行います。
6 December 2018:We will make presentation at the 18th Science Council of Asia Conference.


2018年12月5~7日、東京都の日本学術会議にて、第18回アジア学術会議が開催されます。6日には、篠田雅人教授が「Developing an Early Warning System of Dzud(cold-season disaster)in Mongolia」というタイトルで発表を行います。
詳しいプログラムについては、こちらをご覧下さい。
  

2018年11月22日:モンゴルの国家気象・環境モニタリング庁(NAMEM)にて開催されるシンポジウムに参加します。
22 November 2018:We will attend the Symposium at NAMEM in Ulanbaatar, Mongolia.


2018年11月22日、モンゴルのウランバートルにある国家気象・環境モニタリング庁(NAMEM)にて、ゾドのリスクマップの評価や予測を目的としたシンポジウムが開催され、篠田雅人教授やNandintsetseg客員准教授がセッションにて発表を行います。
詳しいプログラムについては、こちらをご覧下さい。

2018年10月3日:論文がScientific Reports(Nature)に掲載されました。
3 October:The paper was published in Scientific Reports(Nature).


2018年10月3日、Nandintsetseg客員准教授の論文「Cold-season disasters on the Eurasian steppes:Climate-driven or man-made」がScientific Reports(Nature)に掲載されました。

2018年9月22日:日本地理学会秋季学術大会にて発表を行いました。
22 September 2018:We made a presentation at the Academic Meeting of the AJG Autumn 2018.


2018年9月22日、和歌山大学にて日本地理学会秋季学術大会が開催され、森永由紀教授(明治大)・篠田雅人教授ほかによる「モンゴルの牧民の馬乳酒製造法Ⅱ―モゴド郡におけるウマの飼育法のGPSによる調査」の発表を行いました。

2018年9月13,15日:蘭州大学にて発表を行いました。
13,and 15 September 2018:We made presentations at Lanzhou University.


2018年9月13日、中国の蘭州大学で開催されたCollege of Atmospheric Sciencesにて、篠田雅人教授が「Integrating dryland disaster science for Eurasia:Extension to health science」という内容で発表を行いました。 また15日には、同じく蘭州大学で開催されたCollege of Pastoral Agriculture Science and Technologyにて、同内容での発表を行いました。

2018年9月5日:論文がRural and Remote Healthに掲載されました。
5 September 2018:The paper was published in Rural and Remote Health.


2018年9月5日、大谷眞二准教授(鳥取大)・篠田雅人教授ほかによる論文「Lack of medical resources and public health vulunerability in Mongolia's winter disasters」がRural and Remote Health に掲載されました。

2018年7月24日:研究成果の一部が名古屋大のプレスリリースに掲載されました。
24 July 2018: A part of our research outcome was published on the press release of Nagoya University.




科研費基盤研究(S)「乾燥地災害学の体系化(研究代表者:篠田雅人)」(平成25~29年度)の成果の一部が名古屋大学のプレスリリースに掲載されました。 掲載された資料「ゾド(寒雪害)リスクマップがモンゴル国の牧畜を支える~第2回アジア防災閣僚級会議で高評価~」はこちらからもご覧いただけます。

A part of the research outcome from the Kakenhi project (S) "Integrating dryland disaster science" (FY2013-2017) was published on the press release of Nagoya University (in Japanese). Please click here for the published document (in Japanese).

2018年5月24日:日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU2018)にてポスター発表を行いました。
24 May 2018:We made a poster presentation at the JpGU Meeting 2018.


2018年5月20~24日、千葉県の幕張メッセにて開催された日本地球惑星科学連合2018年大会(JpGU2018)に、当研究室の王小醒さんが参加しました。 24日には、王さんが「Relationships between local surface soil moisture and spring dust source areas in temperate grasslands of Inner Mongolia」という内容でポスター発表を行いました。

2018年4月11日:International Scientific Conferenceにて発表を行いました。
11 April 2018:We made a presentation at the International scientific Conference.


2018年4月11~12日、カザフスタンのアルマトイにてInternational Scientific Conference"Arid lands:Environmental and social sustainability"が開催され、篠田雅人教授が発表を行いました。発表のタイトルは「Integrating dryland Disaster Science for Eurasia」です。

2018年4月6日:日本学術会議 地球惑星科学委員会地球・人間圏分科会にて講演を行いました。
6 April 2018:We gave a lecture at committee of the Science Council of Japan.


2018年4月6日、東京都にて日本学術会議 地球惑星科学委員会地球・人間圏分科会が開催され、篠田雅人教授が講演を行いました。 講演のタイトルは「乾燥地災害学の体系化」です。


2017年度 FY2017 (Apr 2017 - Mar 2018)


2018年3月16~17日:鳥大・名大合同セミナーを開催しました。
16-17 March 2018: We hosted a joint seminar between Tottori University and Nagoya University.




2018年3月16~17日、鳥取大学の乾燥地研究センターにて鳥大・名大合同セミナーを開催しました。 初日には、当研究室の4人と鳥取大学の黒崎研究室の2人が口頭発表を行いました(以下参照)。2日目には、鳥取砂丘や山陰海岸ジオパークでフィールド調査を行いました。

On 16-17 March 2018, We hosted a joint seminar between Tottori University and Nagoya University at Arid Land Research Center, Tottori University. On the first day, four members of Shinoda Lab and two members of Kurosaki Lab of Tottori University made oral presentations (refer below). On the second day, we had field investigation in the Tottori Sand Dunes and San'in Kaigan Global Geopark.

発表プログラム Program
・黒崎泰典:乾燥地×温暖化プロジェクトにおけるダスト研究
 Yasunori Kurosaki: Aeolian dust researches in Project ICCxDRYLANDs (Impacts of Climate Change on Drylands)
・武 靖:シリンゴル草原における気候変動と人間活動が砂漠化に及ぼす影響の評価
 Jing Wu: Evaluation of the effect of climate change and human activities on aeolian desertification in Xilingol Grassland
・王 小醒:内モンゴルの温帯草原における表層土壌水分とダストソースエリアの関係について
 Xiaoxing Wang: Relationships between local surface soil moisture and spring dust source areas in temperate grasslands of Inner Mongolia
・江 嘉敏:生態系モデルを用いたモンゴル草原における風食が土壌.植生特性に及ばす影響のシミュレーション
 Kaman Kong: The simulation of wind erosion effects on soil-vegetation characteristics in Mongolian grasslands using an ecosystem model
・河合 慶:ゴビ砂漠のライダーネットワークを用いた寒冷前線システムによるダスト層の発達に関する研究
 Kei Kawai: Study on the dust layer development caused by a cold frontal system using the lidar network in the Gobi Desert
・包 玉龍:モンゴル高原における草原野火の時空間的特徴及びその主要因
 Yulong Bao: Spatio-temporal characteristics of grassland fire in Mongolian plateau and its main driving factors


2017年11月3~5日:国際ワークショップA-B-Eに参加しました。
3-5 November 2017: We joined the International Workshop on A-B-E.


2017年11月3~5日、アジアダスト・バイオエアロゾル・環境レジームシフトに関する国際ワークショップが名古屋大学で開催されました。 本ワークショップの目的は、アジアダスト・バイオエアロゾル・環境レジームシフトの分野における最近の進展について議論することです。 本ワークショップは、科研費(16H02703)グループによって主催され、名古屋大学の本部と環境学研究科による支援を受けました。 詳細はこちらをご覧ください。

On 3-5 November 2017, The International Workshop on Asian Dust, Bioaerosols and Environmental Regime Shift (A-B-E) took place at Nagoya University. The purpose of this workshop is to discuss recent progress in the fields of bioaerosols and environmental regime shift as well as Asian Dust. The workshop is hosted by the KAKENHI (16H02703) research group and supported by Nagoya University and Graduate School Environmental Studies of Nagoya University. Please refer to this website in detail.
Copyright © 2018 Shinoda Laboratory All Rights Reserved.