名古屋大学 大学院 環境学研究科
Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University

篠田研究室 Shinoda Laboratory

ホーム
Home
研究内容
Research
メンバー
Members
活動記録
Activities
研究成果
Publications
講義
Lectures
連絡先
Contact
リンク
Links
> 2018年度 FY2018 | 2017年度 FY2017

2018年度 FY2018 (Apr 2018 - Mar 2019)



2017年度 FY2017 (Apr 2017 - Mar 2018)


2018年3月16~17日:鳥大・名大合同セミナーを開催しました。
16-17 Mar 2018: We hosted a joint seminar between Tottori University and Nagoya University.




2018年3月16~17日、鳥取大学の乾燥地研究センターにて鳥大・名大合同セミナーを開催しました。 初日には、当研究室の4人と鳥取大学の黒崎研究室の2人が口頭発表を行いました(以下参照)。2日目には、鳥取砂丘や山陰海岸ジオパークでフィールド調査を行いました。

On 16-17 March 2018, We hosted a joint seminar between Tottori University and Nagoya University at Arid Land Research Center, Tottori University. On the first day, four members of Shinoda Lab and two members of Kurosaki Lab of Tottori University made oral presentations (refer below). On the second day, we had field investigation in the Tottori Sand Dunes and San'in Kaigan Global Geopark.

発表プログラム Program
・黒崎泰典:乾燥地×温暖化プロジェクトにおけるダスト研究
 Yasunori Kurosaki: Aeolian dust researches in Project ICCxDRYLANDs (Impacts of Climate Change on Drylands)
・武 靖:シリンゴル草原における気候変動と人間活動が砂漠化に及ぼす影響の評価
 Jing Wu: Evaluation of the effect of climate change and human activities on aeolian desertification in Xilingol Grassland
・王 小醒:内モンゴルの温帯草原における表層土壌水分とダストソースエリアの関係について
 Xiaoxing Wang: Relationships between local surface soil moisture and spring dust source areas in temperate grasslands of Inner Mongolia
・江 嘉敏:生態系モデルを用いたモンゴル草原における風食が土壌.植生特性に及ばす影響のシミュレーション
 Kaman Kong: The simulation of wind erosion effects on soil-vegetation characteristics in Mongolian grasslands using an ecosystem model
・河合 慶:ゴビ砂漠のライダーネットワークを用いた寒冷前線システムによるダスト層の発達に関する研究
 Kei Kawai: Study on the dust layer development caused by a cold frontal system using the lidar network in the Gobi Desert
・包 玉龍:モンゴル高原における草原野火の時空間的特徴及びその主要因
 Yulong Bao: Spatio-temporal characteristics of grassland fire in Mongolian plateau and its main driving factors

2017年11月3~5日:国際ワークショップA-B-Eに参加しました。
3-5 Nov 2017: We joined the International Workshop on A-B-E.


2017年11月3~5日、アジアダスト・バイオエアロゾル・環境レジームシフトに関する国際ワークショップが名古屋大学で開催されました。 本ワークショップの目的は、アジアダスト・バイオエアロゾル・環境レジームシフトの分野における最近の進展について議論することです。 本ワークショップは、科研費(16H02703)グループによって主催され、名古屋大学の本部と環境学研究科による支援を受けました。 詳細はこちらをご覧ください。

On 3-5 November 2017, The International Workshop on Asian Dust, Bioaerosols and Environmental Regime Shift (A-B-E) took place at Nagoya University. The purpose of this workshop is to discuss recent progress in the fields of bioaerosols and environmental regime shift as well as Asian Dust. The workshop is hosted by the KAKENHI (16H02703) research group and supported by Nagoya University and Graduate School Environmental Studies of Nagoya University. Please refer to this website in detail.
Copyright © 2018 Shinoda Laboratory All Rights Reserved.